経営・診断

要求仕様をよく確認しよう

先日、セミナー登壇のお話をいただき、喜んでお引き受けしました。早々にプレゼン資料も作成し送付したのですが、よくよく確認すると、前提条件が違っていました。幸いにも、プレゼンの締めの言葉を変更するだけで対応できる程度だったので事なきを得ましたが、早とちりは反省です。

皆様の会社では、お客様からのリクエストを自分の思い込みで間違えてしまい、要求仕様と合わないといった経験はありませんか? 今回の私のように、少しの手直しで済む場合はまだよいのですが、やり直しになると作業の時間やコストもかかります。下手をすると、お客様からの信頼をなくし、商談がなくなってしまうかもしれません。

人間、つい自分の都合のよいように考えてしまいがちです。しかし、思い込みは失敗につながりがちです。冷静になって相手の言葉をよく確認し、わからなければ、何度でも問い合わせる。そういった慎重な対応が、後工程での手戻りをなくし、効率のよい仕事につながります。私の失敗を他山の石として、お気をつけくださいませ。