IT

ホームページを作るのに一番大切なこと

現在、某協会のホームページを新規に立ち上げようとしており、この休みはその作業に没頭していました。以前に比べて、ホームページ立上げのハードルはずいぶん低くなりました。レンタルサーバもずいぶん安価になりましたし、ホームページを構築するためのCMS(コンテンツマネジメントシステム)も手軽に使えるようになりました。レンタルサーバを契約すると、サーバ上にCMSをインストールするのもボタンひとつで簡単にできます。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、ホームページのページの作成や運営を、HTMLやCSSなどの言語を知らなくても、ワープロで文書を作成するイメージで記事や画像を登録・更新できるシステムのことです。有名なのは、WordPressですね。CMSという言葉は聞いたことがなくても、WordPressという名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。WordPressでは、有償・無償でいろいろな機能を持つプラグイン(機能を拡張する部品)が提供されていますので、探すとだいたいのことが無償のプラグインでできてしまいます。

そうなると、ホームページを作る側にとって重要なのは、言語などの技術を知ることではありません。内容(コンテンツ)が重要になります。なぜこのホームページを作るのか、誰に対してどのような情報を発信したいのか、それによってどのような効果を期待するのか、などの「そもそも」が重要になります。事業者に構築を依頼した場合でも、コンテンツは自分で考える必要がありますし、コンテンツの良しあしことがそのホームページの価値を決めることになります。これからホームページを作ろうとしている方は、訴求したい自社の強みは何か、をまず考えてみてください。