IT

JEITA働き方×ITアイデアソン:100歳まで働く

11/5に開催した、JEITA働き方×ITアイデアソンで、私が参加したチームでの議論をご紹介します。サービス名は「ライフキャリアコンシェルジュサービス」。コンセプトは「100歳まで働く」というものでした。

このグループでは、人生100年時代においてより長く働くことを可能とすることをコンセプトに検討しました。年齢により働き方ヘのニーズは異なりますが、より長く人とのつながりを持って働くことが、より多様な生き方の選択につながるとともに、労働人口の確保に繋がるとの考えのもと、議論を深めました。

社会の変化により、今後、個々人の働き方や暮らしへのニーズがさらに多様化すると考えられますので、将来自分が理想とする働き方に対して適切なアドバイスを行うIT活用サービスを提案。具体的には、個々人の年齢、スキル、資格、健康情報等の多種多様なデータを収集し、データベース化し、これらのデータから、働き方の見える化、リカレント教育の必要性、時間の使い方の提案、自分の将来のシミュレーター、人と仕事や地域活動のマッチングを行うなど、最適なライフキャリアを提案するサービスを想定しました。

このアイデアの前提条件としては、自己管理の考え方など、風土や制度の整備が必要です。今後は、個人の働き方へのニーズを尊重し、より長く働ける企業が、社会から求められるのではないかと考えます。