経営・診断

P/Lは易しい?

前回は、B/S(貸借対照表)は難しそうと思われる方のために理解のヒントを書きましたが、逆に言うと、P/L(損益計算書)は易しいと考えている方が多いということだと思います。では、P/Lは易しいのでしょうか?

P/Lを上から順番に眺めていくと、一番上に売った金額(売上)があり、そのためにかかったコスト(売上原価や販売管理費)を引いていって利益が残る、という流れになっています。特に問題はなさそうです。しかし、「かかったコスト」が正しく理解されていないことがあります。現金の出入りで考えて、P/Lの売上原価を間違って考えてしまうケースが多いようですね。

B/Sの説明で洋服を仕入れて売るケースを考えていましたので、今回も洋服で考えてみましょう。商売をするために、洋服を仕入れ、150万円を支払いました。手元の現金(キャッシュ)は150万円減っています。これが、200万円で売れたとすると、売上 200万円 - 売上原価 150万円 = 売上総利益 50万円 ということになります。(売上総利益と書いたのは、まだ販売員の給料などを引いていませんので、手元に残る利益よりも大きい利益だからです。粗利という言い方の方が馴染みがあるかもしれません。)

先ほどの例では、150万円全部が売れたことを考えましたが、今期は売れ残って来期に売ることになったらどうでしょうか。在庫が手元に残るということはよくありますよね。例えば、今期は、100万円分の洋服が130万円で売れて、50万円分の在庫が余った場合を考えてみましょう。利益はいくらになりますか? 売上 130万円 - 売上原価 100万円 = 売上総利益 30万円 となります。違和感はないですよね。

それを決算書にすると、P/L上は、売上 130万円、売上原価 100万円、売上総利益 30万円 というわけです。洋服の仕入れで150万円を支払っていますが、P/Lに書いてあるのは100万円だけ。では、残りの50万円の支払いはどこに消えてしまったのでしょうか。50万円分の洋服は、まだ在庫として倉庫にまりますね。B/Sは難しい? の2回目を思い出してみてください。在庫は、資産でした。50万円分の現金は在庫という形に変わって手元にあるというわけです。

P/Lに現れるのは「売れた商品の仕入れたときの金額」で、売れ残って在庫で持っている商品はB/Sに現れます。P/Lだけだと、現金の出入りの金額と合わず混乱しがちですが、B/Sと合わせて考えることで、スッキリするかと思います。他にも、現金の出入りの金額と合わず混乱するものがあります。次回に続きます。

※詳細や正確さよりも、感覚的にB/Sを理解できるようになることを目的としていますので、その点はご了解ください。

P/Lは易しい?” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。