経営・診断

よい働き方を考える第一歩とは

働き方改革が叫ばれて久しいですね。残業時間削減や休日の確保などの取り組みが重要である一方で、それだけが働き方改革なのか?という疑問をぬぐえない気持ちもあります。

一般に、人事部門が主導の働き方改革は、労働時間管理が中心になっていることが多いように感じます。労働時間と内容を見える化し、効率を上げ、残業時間を減らす。その時間を余暇に使って有意義な人生を送ってほしい、という論理です。それに対して、一個人としては、いろいろと不満を抱きます。例えば、「労働時間と内容を可視化されると縛られる感じがして嫌」「雑談時間がなくなることでイノベーションを阻害する」「今までと仕事量が変わらないのに時間を減らすなど無理」「もっと仕事がしたいのにその自由がないのはおかしい」などなど。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

私も「会社の下命で休むという行動は、会社の下命で過労になるという行動と、何も本質的に変わらないのではないか」と考えておりました。あまりに画一的なやり方は間違っていると思います。しかし、別の切り口で見ることで、今の状況を適切に説明できるように考えています。身も蓋もないかもしれませんが、「個人にとってのよい働き方」と「組織にとってのよい働き方」は必ずしも一致するのもではない、ということです。

極端な言い方かもしれませんが、個人にとっては、できるだけ自分の裁量で時間や業務内容をコントロールしながら、社内や社外で興味があることや自分が成長できることに取り組みたいと考えるでしょう。一方で、組織としては、従業員の安全を守る責任を果たしながら会社全体の業績をあげたい、と考えます。そのためのコストは適正に抑えることも必要です。これは、どちらが正しくてどちらが間違っているという問題ではないですね。立場の違いです。

このような違いがある事実をまず認識したうえで、自社にとって何がベストなのか、個別最適と全体最適を調整する必要があります。ある意味、通常の経営課題と同じとも言えますが、扱っている問題が人間であるがゆえに、従業員と経営陣のコミュニケーションが重要であることは疑いがありません。