IT

プレゼン資料をAIで作ってみた

プレゼンテーション資料をAIで作る「beautiful.AI」というサイトで、プレゼン資料を作ってみました。サインインすると、最初にチュートリアルでのトレーニングを促してきます。英語での表記ですが、画面に出てくる指示に従ってボタンを押していくと、初めてプレゼン資料を作る人でも、おおよその使い方をマスターすることができます。プレゼン資料を作るという行為は、自由度の高い作業なので、指定通りに操作させながら納得感を持つチュートリアルを作るのは難しいのではないかと思いますが、わかりやすくてよいものに仕上がっていると感じました。

肝心のプレゼン資料の作成ですが、基本的に、準備されたテンプレートからイメージに合うものを選択し、必用なテキストやデータを入れていくだけで、美しいデザインのプレゼン資料が出来上がります。使っていて、「これは、AIなの?」と思わないでもありませんでしたが、自分のメッセージだけを考えていけばよく、配置や配色についてはAIにお任せすることができます。できあがったプレゼン資料は、自分で一からデザインしていてはとてもできなかっただろう出来栄えになりますね。

しかし、このツール、自分の伝えたいポイントだけをスライドに簡単に記載してスピーチする欧米風のプレゼンターには適していると思うのですが、日本人の作る説明資料を作るのには、ちょっと不向きです。凝った図を書くのは難しいですね。自分で書いた絵をアップロードすると、デザインをブラッシュアップしてくれるようなAIプレゼンツールがあると、我々にはうれしいのではないかと思いました。

できあがったプレゼン資料は、PowerPoint形式でダウンロードすることもできるのですが、すべて1スライド1画像になってしまうので、後で修正を入れたくなった際には、またbeautiful.AIに戻って修正しなければならない点が、少し残念。最後の補正は、使い慣れたツールで簡単にカスタマイズできると嬉しaいのですが…(まあ仕方がない仕様だとは思います。)

などなど、いくつかの残念な点はあったものの、「beautiful.AI」という名前の通り、美しいプレゼン資料を作るにはかなり使えます。このツールを使ってデザインのイメージをつかんで、PowerPointで作り込んでいくのが、自分にあった使い方になりそうです。PowerPoint自身にある「デザインアイデア」機能も、かっこいいスライドデザインを提案してくれるようになっていますので、併用しながら、自分独自のプレゼン資料を作成してみるとよいのではないでしょうか。