経営・診断

コストコントロールすることの重要性

事業を継続するためには、利益を確保して内部留保を増やしていくことが必要です。利益を確保するためには、ふたつの方法があります。ひとつは、売上を拡大すること。もうひとつは、コストを下げることです。

利益 = 売上 - コスト

商売をしていく上で、売上を作ることは必須です。しかし、売上はお客様あってのことなので、必ずしも自分の思うような数字にはならないことがあります。一方、コストは自分の意志でコントロールができるものです。もともとが必要なコストであり、削減するのは容易ではないことも多いでしょう。売上を拡大することに比べると地道な作業でもあります。しかし、毎月の月末に、売上の状況を見ながら、使えるコストを見直していく活動が利益を確保するために欠かせません。

もちろん、人件費など、簡単には削減できないコストもあります。それ以外の、日々の活動の中で使っている経費や、外部からの仕入れや加工外注などのコストについて、どこかに削減できるものがないか、過去のしがらみに囚われず見直しをすることが大切なのです。