セミナー人材育成経営・診断

人の行動を変えるプレゼンとは

先日、プレゼン力をあげるセミナーに参加してきました。プレゼンといっても、必ずしもセミナーのように大勢の知らない人の前で話をするものだけではなく、職場で朝礼をするというものまで、広く捉えることができます。自分が相手に伝えたいことを話すことは全てプレゼンテーションです。ですから、あなたも職場で日々プレゼンをしているのです。

そのセミナーで、成功するプレゼントは何か、を話されていました。(以下は、私の個人的な解釈が入っています。)
ひとつ目は、相手目線でビフォー → アフターを設計する。ビフォーは、相手の立場・相手の気持ちになって、話を聞く前に考えていることを想定すること、アフターは話をした後に、どのように行動が変わることを期待するのか、ということ。平たく言えば、一方的な押し付けにならないようにお話しをする、ということだと思います。

ふたつ目は、世界でオンリーワンのオリジナルがある。これは、素晴らしいコンテンツを準備せよ、ということではありません。自分の体験を話の中に織り交ぜることで、自分も話す相手と同じ立場にあったことがあることを示して共感を得る、ということです。朝礼でも無意識に使っているのではないでしょうか。

みっつ目は、感情が相手を動かす、ということ。相手に伝える情報のうち、言葉は全体の7%に過ぎないそうです。口調が38%、ボディランゲージが55%。そういえば、メールではこじれることが、顔を合わせて話をすると、あっさり解決する、という経験があるのではないでしょうか。

プレゼンをする際には、複数人を相手に話をします。その際に、考えていることは人それぞれです。そのため、聞き手を大きく3タイプに分けて考えて、その人の感情にあった話をすることで、立場の聞き手をカバーしていく、という技法も教えてもらいました。

もっとも、技法以前に、自分は誰の行動を変えたいと思うのか、それはなぜなのか。それを深く考えていけば、自ずとその人の立場になって話しかけたくなるのではないでしょうか。過去に苦労していた自分を思い出してみてください。きっと、手を差し伸べたくなり、心に刺さるプレゼンになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA