人材育成経営・診断

幹事のススメ

幹事と聞くと「飲み会の幹事」という言葉が思い浮かびますね。私もそうです。今日のお話は、飲み会の幹事を想像していただいてもよいですが、もう少し幅広く、取り纏めをする、という意味での幹事(取り纏め者)のお話です。

幹事のお仕事は、
・内容などを企画する。
・会場を手配する。会場費に支払いをする。
・参加者の出欠を取り纏める。・参加費を集める。
・当日に参加者が楽しめるように取り回す。
などでしょうか。

適切な会場を探すのは大変ですし、急な欠席などあれば穴埋めも大変です。それでも、幹事を引き受けることをお勧めします。私自身も、積極的に幹事に名乗りをあげるようにしています。
・イベントの全体を見渡せる。自分の采配で企画が作れる。
・自分がいなければ開催できないので、自分の都合のよい日程や会場を設定できる。
・多様な人をファシリテートして取り纏める訓練になる。
など、自分にとってのメリットもたくさんあるからです。

ぜひ、幹事(取り纏め者)に手をあげて、自分のやりたいイベントを企画しましょう。経営者の方は、従業員をねぎらう企画を立てるもよし、商工会議所などで下働きをしてビジネスチャンスを作るもよし。きっと、ビジネス拡大につながると思いますよ。