経営・診断

変化を見逃すな!

帰宅してご飯を食べていたら、嫁さんから「何か気が付かないの!」と注意されました。「はて、何だろうか?」と思って、よくよく見ると、髪を切ったようです。慌ててフォローしたものの時すでに遅し。本日は、変化を見逃すな、というお話です。

日々、自社の経営を感がている皆様におかれては、自社のちょっとした変化に敏感だと思います。しかし、目の前の仕事に忙殺されて、自社の変化に気が付かなかったという経験をお持ちではないでしょうか。ある社員が元気がなかったり、お得意様が離反していたり、最初はちょっとした変化でも、気が付かずに放置していると、いつの間にか大きな問題となりかねません。

どんなに変化に注意しようとしても、目の前にすぐに片づけなければならない仕事があると、そちらに気をとられてしまうのは自然なことです。変化に気が付くには、チェックリストを持っておき、定期的に確認するなど、変化に気が付く仕掛けを用意しておくことが確実です。注意する努力よりも、気が付くようなシステムを作ることが確実性を増します。精神論ではない対策を考えましょう。