IT

AIで決算を監査する時代

朝日新聞に、「不正を見抜くAI」という記事が掲載されていました。トーマツ、EY新日本、あずさ、PwCあらたの大手監査法人が競って監査にAIを導入しているという話です。決算の財務データをAIのシステムに読ませることによって、不正がある可能性を見つけるというものです。自社の決算で不正をしていなくても、ドキッとしますね。くわばらくわばら。

ところで、AIで決算データの不正を検知することができると思いますか。私の見解は、「今、人間の会計士などが見抜いている不正であれば見抜けるようになる」です。現在のやり方でも、結果として出ている数字の関連性を見ることで不正の可能性を探っているのであれば、何らかのパタンがあると思われます。今のAI技術はそのパタンを学習していくことが可能です。社長の顔を見て判断している、というケースもあるかもしれません。それも画像認識技術がカバーするでしょう。声の調子でわかる、というケースも音声認識でカバーできます。

前提として、データの開示がなされることが必要ですが、いずれ法的な措置が取られる可能性はありますね。ただ、この技術を企業側も使えるようになったら、先にシミュレーションできてしまうかもしれません。将来は、AI同士が腹の探りあいをするようになるのでしょうか。

記事の最後に、某会計監査法人がAIでお仕事が楽になる「近未来の監査の姿」をドラマにしてリクルートに使ったというお話が紹介されていますが、裏を返すと、今の仕事はすごくキツいのでしょうね。働き方の見直しは、どの業界でも大きな経営課題のようです。