経営・診断

トラブルは忙しいときに限ってやってくる

トラブルというものは不思議なもので、忙しいときに限って起きたりします。なぜ、今なのかと嘆きたくなってしまうことも少なくありませんね。そんな時、あなたはどうしますか。

忙しい状況ということは、やらなけれなならないことがたくさんある状態だと思います。締切りが迫っているものもあるでしょう。状況によりますが、私は、まずはトラブル対応にリソースを割くことを第一に考えるようにしています。トラブルが発生しているということは、その先で困っている方がいるということですから、トラブルへの対応をおろそかにすると、人にご迷惑をかけたり、翻って自分の評判を落とすことになりかねません。

経験から、トラブルに誠実に対応して相手の困りごとが解決できれば、(お叱りは受けるでしょうが)感謝していただけることも多いと感じています。ピンチはチャンスという言葉がありますが、これは決して絵空事ではありません。真摯な対応、素早い対処が明暗を分けます。他に締切りが迫っているものがある場合には、そちらの約束を破ってしまうと新たなトラブルになりますので、事情を話して少し日程を変更してもらうなど、トラブルが連鎖しないような心配りも必要です。

忙しい時のトラブルは泣きたくなる気持ちになりますが、相手の立場にたって考え、ご迷惑をおかけしないようにするにはどうすればよいのか、を考えることで道は開けるのではないでしょうか。